人間関係と管理者

 極端な言い方をするが、仕事で求められるのは「結果」である。例えば、弊社のような製造業であれば「顧客が求める良品を問題なく納入すること」が求められる。納入するまでの過程で徹夜をするような努力をしようが、あまり努力せずにサボっていようが、関係ない。顧客は「努力すること」を求めているのではなく、「良品が問題なく納品されること」を求めているのだ。
 営業であれば「仕事を取ってくること」が求められており、一生懸命営業活動をするとかしないとか、関係がない。製造現場でいえば「良品を生産すること」が求められており、一生懸命作業するとかしないとか、関係がない。


 さて、そんな「良品を問題なく生産・納入する」ためにはどんな事が必要なのだろうか?と考えてみる。


 徹底した管理が必要か?作業効率の向上が必要か?最新設備が必要か?


 確かに管理は必要であろう。良い設備で作業効率を向上させることも必要かも知れない。しかし、どんな事をしても必ず不具合や過ちが起きる。なぜなら人は必ず間違ったり、サボったり、誤魔化したりするからである。完璧な人など居ないように、完璧に人を制御することなど出来ないのである。




 話は少々飛ぶが、学校に通っている時、特に小学生や中学生の時、「この先生が好きだからこの教科が好きになった」という経験がある人も多いと思う。「教え方が好き」だとか「授業が楽しい」だとか、理由は様々であると思うが、先生の存在が生徒の勉強に対する好奇心に大きな影響を与える。もちろん良い影響だけでなく、「この先生が嫌いだからこの教科が嫌い」といった悪い影響を与えることもある。
 親兄弟から受ける影響も大きい。親に誉められたのが嬉しくて…。兄弟を喜ばせたくて…。そんな思いで頑張って部屋の片づけをしてみたり、絵を描いてみたり、そんな経験が誰にでもあると思う。人は自分以外の誰かの事を想うとき、今まで以上の力を発揮することが多い。


 どんな人に出会い、どんな人と過ごすか、そんな「人間関係」によって人生や価値観は大きく変わってくるのではないだろうか。


 そんな大切な「人間関係」だが、会社で仕事を進める時に重要視されないことも多い。確かに「あの人が好きだ」「この人が嫌いだ」に左右されていたのでは仕事が進まない。特に会社同士の取引上の話になれば、個人の感情など無視される事が多い。営業マンで顧客の意地悪担当者に泣かされた経験のある人も多いと思う。家族を養うため…と歯を食いしばっているお父さん達は沢山いるはずだ。しかし、取引形態が会社同士だとしても、仕事をするのは人である。人間関係というのは非常に重要な要素なのである。社内での仕事の割り振りにしても、人間関係が軽視されるとギクシャクとして本来発揮できる力が発揮されない事が多い。
 勤めている会社を退職した経験のある人の中で、人間関係が原因だったという人は意外に多いのではないだろうか。「人間関係の問題程度で会社を辞めるなんて弱すぎる!!」と厳しいことを言う人も居るが、会社を退職する決意をさせる程、人間関係というのは人に影響を及ぼすのだと思う。



 さて、話を戻す。先に述べたように仕事で求められているのは結果であるが、その結果を出すためには一生懸命やる必要がある事が殆どである。一生懸命やらなくても結果を出すことは理想かも知れないが、現実そんなに甘くはない。つまり、仕事をするその人が、一生懸命できるかどうかに掛かってくる。


 ではどうすれば人は一生懸命になるのだろうか?


 私は、人が一生懸命になる大きな原動力は「人間関係」にあるのではないかと思っている。意地悪担当者に泣かされながらも歯を食いしばっているお父さんも、家族という人間関係に支えられ頑張っているように、通常では耐えきれない事に対しても耐えうる力を与えてくれる。
 もちろん、忍耐的な一生懸命だけでなく、前向きで発展的な一生懸命も人間関係から生まれる事が多いように思う。「この先生が好きだからこの教科が好きになった」という現象は、仕事の面でも起きる現象で、同じ職場に尊敬できる上司が居れば、その上司と仕事をするのが楽しくなり、一生懸命頑張る。一生懸命頑張る部下が居れば、どんどん仕事を教えて、いざというときには助ける、そんな関係が築けるのだ。


 会社という組織で業務を遂行する時、管理者というのは非常に重要な存在となる。なぜなら、管理職にある人が管理すべきは「業務内容」だけではなく「人間関係」も管理しなければならないからである。「管理をする」という表現は語弊をまねき適切でないかも知れないが、人間関係を円滑にする努力・動きが求められる、という事である。
 組織がどれだけの力を発揮できるかは、その組織内の人間関係に大きく依存する。いくら有能な人材が居たとしても、険悪な雰囲気の中では良い仕事が出来るはずがない。本来の力を発揮できずに終わってしまう可能性が高い。対して、個々の能力が低くても、互いが尊重・協力し、一生懸命になることが出来れば、それまで出来なかったことでも出来るようになる。
(ここで述べている良好な人間関係は決して「馴れ合い」ではない)

 業務管理のみを行う管理者を多く見受けられるが、仕事で求められているのは「結果」であって「業務管理」ではない。結果を出すためにはその組織が本来の力、もしくはそれ以上の力を発揮する必要があるのだから、人間関係にも配慮した管理を行わなければ本当の管理者とは言えないのではないだろうか。


 設備や管理態勢はお金を掛ければなんとかなることが多い。しかし、人間関係はお金で買うことが出来ない。

 職場の人間関係を軽視することは、徹底した管理や最新設備では補いきれない損失を生む。




 会社規模が大きかろうと小さかろうと、結局仕事をするのは「人」である。
 顧客、外注、そして社内の人間関係を大切にして前向きに仕事に取り組める、そんな環境を作り上げていきたい。






エラストマー成形ならお任せ!! (株)リーチングラボ
[PR]

# by le-lab | 2008-06-11 13:04 | 人間関係と管理者  

情報化

 情報化時代と呼ばれて何年経つのだろうか。インターネットが普及し、携帯電話の機能充実により、我々が得られる情報量は飛躍的に増えた。情報が増えるということは単純に考えると良いことの方が多いように感じるが、当然悪い面もある。例えば「情報に埋もれる」という現象である。
 そもそも情報は「利用してナンボ」であり、多いから良いというモノではない。多ければ多いほど「どれを利用すべきか」迷ってしまう可能性も高まるのだ。情報を有効利用するには、それらの情報に優先順位を付ける能力が必要となる。


 プラスチックの射出成形でも成形機メーカーの努力により様々な情報が得られるようになった。充填時間や速度、圧力情報などこれまでアナログ情報でしか得られなかったものがデジタル情報として得られるようになった。しかし、多くの情報が得られるからといって「良いモノ」が出来るわけではない。得られる情報を上手く利用できなければ、最新の機械を使っても古い機械で作れたモノが作れない…、なんて事が発生する。

 古い機械はえてして設定・制御できる箇所が少ない。その反面、操作が簡単である。
 対して新しい機械は設定・制御できる箇所が多い。その反面、操作は複雑になりがちである。

 たまに「操作が簡単」というと馬鹿にする方がいらっしゃるが、これは非常に大きなメリットで、直感的に操作出来ることは物づくりにおいて非常に大きな意味を持つ。頭で思い描いた事を機械を通して具現化するのだがから、操作が直感的に出来た方が良いに決まっているのだ。

 最新設備を使えば出来ることが多くなるのも事実であるし、日々勉強をすべきだと思う。しかし、古い設備だからといって取り組む前から「出来ない」という発想はすべきでないと思うし、諦める必要などないと思っている。機械が古かろうと新しかろうと、結局操作するのは人間である。やはり一番重要なのは機械の新・旧ではなく「人」であると思う。



 また、今の時代は情報を得るだけでなく「発信」することも重要になってきている。今の時代、多くの人は「こんな事ができる会社はないかなぁ?」などと思ったら、まずはインターネットで検索する。弊社は意外に早い段階からHP作成・公開をしてきていた。最初にHPを開設したのは2002年の4月であった。しかし、単純にHPを公開したところでアクセス数が増えるわけではなく、HPを見て問い合わせがくるのは非常に稀であった。そんなとき、業社からの提案もあり、HPの再製作に踏み切った。HPを新しくしてからというもの、アクセス数は以前に比べてグンと増えているし、問い合わせの数も増えた。やはり「見て貰うための工夫」というのが必要なのだと感じている。

 多くの人に見て貰えることは、仕事のチャンスが広がることに繋がる。しかし、多くの人達にとって弊社から発信している情報は「多くの情報の中のひとつ」でしかない。万人に受け入れられる必要などないと思うが、弊社を必要としている人達に対し、的確に情報発信が出来たら、どんなに素晴らしいことであろうか。


 他社に負けない射出成形の技術を背景に「多くの情報の中に埋もれない情報」を発信できるよう努めたいとと思う。




エラストマー成形ならお任せ!! (株)リーチングラボ
[PR]

# by le-lab | 2008-06-09 13:46 | 情報化  

はじめに

会社のHPを新たな形で立ち上げることとなりました。いわゆる「リニューアル」というやつです。
それに伴って「独り言」という形で流行(?)のブログを書いていこうと思っています。
内容は仕事に関する話題であったり、全然関係のない話題であったり、特に縛り無く進めていきたいと考えています。
不定期の更新になると思いますが、HPを覗いて下さった方々がちょこっと寄り道をする…そんな場所になれば良いなぁと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。





エラストマー成形ならお任せ!! (株)リーチングラボ
[PR]

# by le-lab | 2008-06-09 13:43 | はじめに